サイトメニュー

肌悩みを解消する

脚

肌のたるみや肌のハリの衰えの原因には様々な原因があります。中には複数の要因が複合的に重なり、肌のたるみを引き起こしてしまっているようなケースもあるでしょう。原因や肌が衰えている部位などによって美容皮膚科における最適な治療方法も変わってきます。皮膚というものは表皮、真皮、そして皮下組織という3層から構成されています。そして、その下に脂肪組織や筋肉があるのです。しかし、この皮膚の層の真皮を支える繊維細胞であるコラーゲン、そして細胞と細胞の間でクッションの役割を果たしているといわれるヒアルロン酸が紫外線や乾燥、そして加齢と、またはバランスの悪い食生活や睡眠不足などによって失われてしまうと肌のたるみが生じるのです。このようなたるみを引き締めるための美容皮膚科での最新治療方法ですが、 1つはヒアルロン酸をダイレクトに注入するという治療方法があります。これは、美容皮膚科において専用の注入機器を活用して、ヒアルロン酸をベースにした薬剤を真皮層内にダイレクトに注入する治療方法のことで、このような美容皮膚科での最新治療方法によって皮膚の小じわが改善され、そして潤いや透明感をもたらすのです。一般的に、美容皮膚科ではこの治療をする際には極細の針を活用しています。またその針先には吸引装置が付いており、皮膚を穏やかに吸引しながらヒアルロン酸の注入をしていくため吸引による刺激によって針の痛みは感じられないことがほとんどのようです。次に美容皮膚科でのたるみを引き締める治療方法としては、たるみ自体をできにくくするためのボトックス注射というものがあります。美容皮膚科で行われているこのボトックス注射は、筋肉の働きを麻痺させて表情筋を動きにくくするのです。その結果、シワやたるみができにくくするという治療方法になります。この治療方法は、美容皮膚科における1回の治療で4ヶ月から半年ほど、その効果が持続すると言われています。次に、美容皮膚科で行われているたるみを引き締めるための治療方法としては、プラセンタ注射というものがあります。これはプラセンタエキスを注射器で直接肌に注入することによって、神経細胞の細胞を活性化するのです。そのことによってコラーゲンやエラスチン、そしてヒアルロン酸の量を増やし、肌の弾力を取り戻すことによって肌のたるみを改善していくのです。このように、美容皮膚科における現在のたるみ治療ではメスを使用しなくても大きな治療効果が出せます。次に、美容皮膚科では光を顔全体に照射するフォトフェイシャルという、たるみを引き締めるための治療方法があります。このフォトフェイシャルはIPLというカメラのフラッシュのような光を顔全体に照射する治療方法のことです。このようにIPLという光を顔全体に照射することによって、コラーゲンなどの成分を作り出す役割をしている線維芽細胞の働きを活性化させることによって自然な肌のハリや肌の弾力をよみがえらせることが可能なのです。次に、よく聞くと思われますがケミカルピーリングという皮膚の代謝を促す治療方法があります。このケミカルピーリングは皮膚の表面に酸の薬剤を塗布することによって古い角質を剥がしてしまい、皮膚の新陳代謝を促進させる治療方法です。この治療方法は美容皮膚科に行って、繰り返し実施することによって肌が活性化し、少しずつコラーゲンの量が増加していくのです。このように美容皮膚科では様々な治療が行われているため化粧でも隠し切れない、日頃のスキンケアだけでは改善ができないというようなお悩みの方は、美容皮膚科の医師に相談をしてみるのも選択肢の1つでしょう。